トップ > '漢字検定'の検索結果

低学年の漢字検定へのチャレンジについて

2020年08月29日

こんにちは、低学年担当の福島妙です。

少しずつですが、朝夕は秋の気配を感じるようになってきました。暑いのは苦手なのですが、自宅で過ごすことが多くなっているので、あっという間に今年の夏が終わってしまうような気がします。

さて、今年は秋に漢字検定を実施しますので、低学年のお子さんの漢字検定についてつづっていきます。

漢字検定について

以前にも漢字検定について目安級などを投稿していますので、あわせてお読みください。

漢字検定は年に3回、6月、10月、2月くらいに試験があるので、第3回目の試験を目標に当該学年の受験級に合格できると理想的です。

ここで注意点をひとつ。低学年の場合は特に学校の漢字学習が丁寧に進められます。そのため2月時点でも当該学年で学ぶべき漢字学習範囲が終わっていないことがあります。

つまり、第1回の試験(6月)を受験する場合は学校での学習よりかなり速く、自学自習で当該学年の学習を進めて、受験することになりますので、しっかりとした準備が必要です。

現実的には当該学年の受験級よりも一つ前の級を第1回、もしくは第2回に受験することが多くなります。これは、しっかりと前学年の漢字が定着しているのかをはかる意味でも、また忘れかけている前学年の復習をしてしっかりと定着をはかるためにもとても有効なので、おすすめします。

チャレンジするおおよその級ですが、小学1年生で10級、小学2年生で9級、小学3年生で8級です。

勉強のしかた

日本漢字能力検定より出版されている「漢検〇級 漢字学習ステップ」などといった問題集を使って、漢字学習を繰り返し行いましょう。

その上で、巻末にある「総まとめ問題」は、過去問題の形式になっています。答案用紙が別紙でありますので、コピーなどをして時間をはかりチャレンジしましょう。

漢字検定の試験の形式に慣れておくためにも、必ず「総まとめ問題」をやってください

筆順について

漢字検定では「筆順」が問われます。特に低学年では筆順に気をつけて学習しましょう。筆順を問われることに慣れていない子は、筆順を意識していないことも多いため、せっかくのこの機会に筆順を親子で確認しながら学習した上で試験にのぞんで欲しいと思います。

今年は久しぶりに漢字検定会場として第2回10月に未来アカデミーでも漢字検定を実施します。

塾生もたくさんチャレンジしますので、頑張って欲しいと思います!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@もご登録くださいませ。
友だち追加

 

こんにちは、低学年担当の福島妙です。

長引く休耕期間。我が家でも次女の学習面が心配になってきました。

そこで、今週から漢字検定ステップをさせることにしました。次女は小学校4年生ですので、当該学年の級は7級です。先取学習が難しそうな場合は、該当学年より一つ級をさげたもので復習をさせる形でも良いでしょう。

漢字検定のおおよその目安

漢字検定ステップを学習していく目安級は下記のとおりです。

学年
10級 1年生
9級 2年生
8級 3年生
7級 4年生
6級 5年生
5級 6年生

しっかりと漢字表をやってから問題へ

漢字検定ステップの問題集を効果的に学習するには、ステップごとに学習するようにすることと、まず各ステップの漢字表の筆順、読み仮名、そして用例をしっかりと覚え込んでから、練習に入っていくことです。

漢字表には8個ずつ漢字が並んでいるので、ノートや別冊の練習帳を活用して、書くことが必要になります。また、練習問題は直接書き込むのではなく、ノートに答えを書いていきます。

練習問題は、下記のカテゴリーで構成されています。

①読み問題

②応用問題(筆順、熟語、部首、対義語、類義語など)

③書取問題

漢字表をマスターしたら

①②で間違いが多い場合、③の書取問題へ進んでも、間違いが多くなってしまう可能性があります。

必ず、①②をやった後に先に答え合わせをしましょう。①②で間違いが多かった場合は→漢字表に戻って、しっかりと読み仮名や筆順、用例の学習を再度やり直しましょう。

①②でほとんど間違いがない子は、③の書取り問題に進んでも問題ありません。

③の書取り問題は一日で2回やります。

1回で満点の場合は、その日の漢字学習はそこで完了してもいいでしょう。

1回目で満点になる子は少ないので、まず1回目をやってから、答え合わせ。満点でない場合は、同じ問題を解きなおしてをして満点をとるまでやりましょう。

そして、次の日に3回目を解きます。(前日にやったことが定着しているか、確認するために翌日にすることをおすすめします。)

  • 1日目:漢字表、別冊ノートを利用して練習→①読み問題、②応用問題
  • 2日目:書取問題(最低2回→満点になるまでやる)
  • 3日目:書取問題(3回目)→次のステップへ進む 漢字表、別冊ノートを利用して練習→①読み問題、②応用問題

上記のような2.5日間で1ステップを定着させるイメージで進めると、無理がない範囲で毎日漢字学習に取り組めると思います。

もちろん、個々のお子さんのレベルに応じて、無理のない範囲でやっていただければいいと思います。お子さんはそれぞれ能力が違います。漢字学習が得意な子は1日でステップ1つづつ進めても問題ないですし、漢字学習が苦手なお子さんは、3日間でやるサイクルを何度も繰り返してから、次のステップへ進んで頂いてもいいと思います。

大事なことは先取り学習をしているという点を忘れないことだと思います。学校で学んでいないことを自宅でする場合、無理は禁物です。お子さんの様子を観察しながら継続できそうな量を設定してあげるといいと思います。

 

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。よろしければLINEにもご登録くださいませ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

友だち追加

漢検効果?

意外でした。もっと反応が良くないかと思っていたのですが、思った以上の反響に驚いています。

10月末に教室で実施する漢字検定のご案内をしました。受検のお申し込みとともに嬉しい声を聞くことができました。今日は、その一部をご紹介したいと思います。

「入試での漢字の書き取りのチェックに」(中3)

そうなんですよね。公立高校の入試では書き取りは小学校で学習した漢字から出題されますからね。

「国語力を補うのに語彙力をつけたくって」(中2)

語彙力って、すぐには上がってこないですもんね。この機会に漢字を書けるようにするだけではなく、意味も含めて覚えるのは効果的です。

「コツコツ勉強するのは得意なんです」(中1)

「少しずつ書ける漢字が増えているのが分かって、自信になっているようです」(小6)

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています(byイチロー)」

(そろそろイチローを知らない子が増えてきましたが…)

「もちろん受験します」(小4)

すばらしく前向きですね。

〇〇くんが受けるなら…

友達と一緒に通ってくれている効果がこんなところにもありました!切磋琢磨できるいいライバル関係をぜひ続けてくださいね。

少し残席があります

以前、漢検の案内が面白いよっていう記事を書きました。こちらも、よければご参考になさってくださいね。

なかなか面白い漢検の受検案内

近隣の小学校が漢検の会場を実施しなくなっています。

ご希望の方は塾生以外でも受験できます。ただ教室に入れる人数に限りがあります。ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@もご登録くださいませ。
友だち追加

将来はどんな社会になるの?

「私たちが大人になることにはどんな社会になっている?」

「変化の激しい社会でも、活躍できる大人になるための力とは?」

「日本語・漢字を勉強する理由って!?」

なかなかスムーズに答えるのが難しい問いですし、人によって答えが違うでしょう。

これらの問い、実は漢字検定の案内パンフレットの表紙に書かれていました。

受験のみならず生きていくことにおいても語彙力、国語力が大切なのは言うまでもないことでしょう。

2・3ページ目には上記の問いに対する答え、解決策として上手く語彙力・国語力に導いています。(もちろん、その先には漢検の受検を推奨していますが…)

ご家族で漢検のパンフレットの内容について考えてみても面白いと思います。お子さんに「漢字の勉強をしてもらいたいなぁ」と考えている保護者の方には役に立つツールですよ。

準会場として漢検を実施します

あ、ついでに宣伝を。

未来アカデミーでは10月31日(土)に漢字検定を実施します。

英彰小学校や市小学校では、漢検を実施しなくなったそうですね。未来アカデミーでは、塾生以外の方の受検も可能です。

ご希望の方は9月30日(水)までにお申し込みいただければと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@もご登録くださいませ。
友だち追加

こんにちは、低学年担当の福島妙です。年末年始のお休みがあけて、2週間がたちました。低学年のみんなもそろそろ通常のペースに戻ってきた頃と思います。

お休み中は遅寝遅起きだった子もいたと思いますが、早寝早起きに切り替えていきましょう。

睡眠不足は集中力をそぎ、学習力低下につながる可能性があります。低学年の間はできるかぎり9:00までにはベッドに入るようにしたいものですね。お子さんの早寝早起きは、保護者の方の協力がないと実現が難しいことの一つです。しかし、低学年の間の生活習慣はのちのちの生活習慣の基礎になるものですので、しっかりとコントロールしてあげてほしいと思います。

さて、今回は3学期の漢字学習についてつづっていきます。

3学期は当該学年の漢字学習内容を定着させる

低学年の場合、3学期の漢字学習範囲は、1,2学期と比較すると量的に多くありません。

だからこそ、できれば3学期の間に当該学年で学んできた漢字の総復習をしていただければと思います。

学んだ漢字も使う機会が少なければ忘れてしまのは、大人でも同じです。ましてや普段の会話に出てこないような言葉や漢字は、すぐに忘れてしまいます。

だからこそ、反復学習が大切です。漢字学習は最初に躓くと、取り返すのに時間がかかります。低学年の間に決して漢字を不得意分野としないように努力してほしいと思います。

低学年で学ぶ漢字の数

小学校6年間で学ぶ漢字数は1026文字。各学年で学ぶ漢字の数は以下の通りです。一覧を見ると、低学年で学ぶ漢字の量が高学年と比較すると少ないことが分かります。だからこそ、1年~3年で学ぶ漢字で抜けのないようにしていきましょう。

1年(80字)

2年(160字)

3年(200字)

4年(202字)

5年(193字)

6年(191字)

低学年(1年から3年)で学ぶ漢字

1年から3年の間に学ぶ漢字は下記の通りです。文部科学省の学年指導要領で1年から6年までの一覧がありますので、そちらで高学年の漢字内容も参考にしてみてください。

画像:文部科学省 指導要領より

当該学年の学習内容の復習

では、3学期にどういう方法で当該学年の漢字を総復習すればいいのかでしょう?

「70%から80%は覚えている」というお子さんにおススメなのは、漢字検定問題集の過去問を解くことです。ぜひとも3学期中に98%くらいまで精度を高めてほしいところです。

漢字検定の過去問は当該学年の漢字に関して、書き順や、熟語、読み仮名など全ジャンルをカバーしています。過去問題を5年ほどやっていくだけで、当該学年の漢字の総復習をすることができます。

まるつけをする際には、必ず保護者の方がやってあげてください。特に、はね、とめ、はらいなどを注意深く採点しましょう。また、書き順に×が多い場合は、子どもに指で漢字を書かせて、書き順が正しくできているか見てあげてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@もご登録くださいませ。
友だち追加

 

 

東京で桜の開花宣言が木曜日にされました!全国各地で次々と桜の開花宣言がこれから聞こえてくることでしょう。

そして、いよいよ保育園や幼稚園を卒園した子たちが、新1年生になります。
また、小学校を卒業した子たちは中学生へ。受験勉強を終えた中学生や高校生はそれぞれ進学先へと旅立っていきます。

新しい制服、教科書、学用品をそろえ、みなが期待と不安を胸に新しい環境へ巣立っていく季節です。気持ちも新たに頑張っていってほしいと思います。

さて、学校からの宿題もない春休みに最優先で取り組んでいただきたいことのひとつ、漢字学習についてお話します。(あ、でも最近は春休みに宿題を出す学校も増えてきましたね。)

小学校で学ぶ漢字は1006字!

小学校で学ぶ常用漢字は1006字あります。(2020年からは20字が新たに追加され、学習漢字が1026字となります。)
各学年の学習漢字数は下記の通りです。6年間の中で1,2年生で学ぶ漢字数が他の学年で学ぶ漢字数より少ないのがわかります。

1,2年生の余裕のある学年では完璧に漢字を書けるようにマスターしてくださいね。

学年 漢字数
1年 80字
2年 160字
3年 200字
4年 200字
5年 185字
6年 181字

1~3年生は漢字学習の最も大切なステージ!

1年生の漢字は画数が少ないため、習った漢字を躓くことなくおぼえることができる子が多いです。
しかし、学年が上がるごとに前学年で学んだ漢字や新しい漢字が組み合わさった熟語を学び、読み方も複雑化していくので、少しずつ覚え残しやうろ覚えの漢字がでできます。

この「覚え残し」、「うろ覚え」というのが厄介です!漢字はだいたいかけているから〇とはなりません!
点が足りない、部首がぬけている、一本線がたりない、繰り返しますが「うーん、惜しいから〇にしとこう!」とは絶対になりません!

だからこそ、完璧にマスターしなければならないのです。

前学年で覚えていない(=書けない)漢字があると、当該学年で学ぶ熟語が書けないことなります。

計算と比較すると漢字学習を重要視されないご家庭もあるかもしれません。しかし、漢字が書けない・読めないということは長く続く学生時代に大変なリスクを背負うことになります。

漢字が苦手ということは、国語だけでなく文章問題のある算数、中学年から学習がスタートする理科や社会でも文章を読み理解することができないということへつながっていきます。

ですから、漢字学習がスタートする小学校1年生から是非とも丁寧にきっちりと書く習慣をつけ、低学年の間に漢字学習を得意にしておきましょう。

新しい学年に進む前に漢字の総復習を!

漢字学習は繰り返し練習することで身についていきます。学期終わりや、春・夏・冬休みの長期間のお休み、学年替わりなどのタイミングで、すでに学習した漢字の総復習を行うと、定着率がぐっとあがります。一度覚えた漢字も必ず復習するように心がけましょう。

といっても、ひたすら同じ漢字を書くことには、子どもたちは飽きてしまいます。できれば書店で子どもと一緒に薄い漢字テキストを購入して、総復習するといいと思います。

学習をする時間は、15分から30分くらいを目安にしましょう。短い時間で学習させることで、集中して学習に取り組めます。

漢字検定に挑戦する

漢字学習を取り組ませるために、年1回必ず漢字検定に挑戦するなどの節目を作るのもおすすめです。

漢字検定では読み・書きなど、当該学年で学んだ漢字の学習定着がどれくらいできているのか計ることができます。

親子で漢字検定にチャレンジするご家庭もあります。目標設定として漢字検定を活用するのはとてもよい方法です。機会があれば是非チャレンジしてほしいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。よろしければLINE@にもご登録くださいませ。
友だち追加

我が家の長女は今年の春、中学2年生になります。通っているのは、大阪市内にある私立中学。私立中学の1年間の生活がどんなものなのか、ご存知ない方がいるのでは?と思います。というのも、私自身が公立中学、公立高校出身なので、「うーん、私立中学って実際公立中学とどう違うの?」とわかっていない部分があったからです。

ということで、意外と入学後の生活が謎な私立中学での中学1年生の1年間を振り返ってみたいと思います。ただし、これはあくまでも長女が通っている中学の事例であり、すべての私立中学に当てはまるわけではないことご理解ください。

クラブ活動


基本的に週3回、18時まで。18時30分には校舎をでる決まりがあります。

長女はバスケットボール部に所属しているのですが、火曜日、水曜日、金曜日が練習日と決められています。ただし、長期休暇中、夏休みなどの期間はスケジュールが別で組まれます。

また、バスケットボール部の場合は私学大会、フレッシュカップなどの大会や練習試合などもありました。

授業に関して


月、水は6時間授業、火木金は7時間授業、土が4時間

上記の授業以外に、学習会と呼ばれる自習時間が月、水、土

学習会は自習会なのですが、基本的にクラブ活動とかぶっている生徒以外、強制参加のため、ほぼ全員が参加(ただし、毎年この学習会が実施されるかは決まっていないようです。)

  • 長期休暇(夏休み、冬休み、春休み)中も特別授業という名の授業とクラブ活動があり、実質のお休みというのは、公立中学と比較すると非常に少なかったです。そのため、共働き家庭の我が家にとっては、難しい年ごろの子どものことで気に病む必要がなく、休み中も学校にいってくれたのは、大変助かりました。

行事


オリエンテーション合宿、林間、文化祭、運動会、合唱大会、カルタ大会、スポーツ大会、校外学習、弁論大会、マラソン大会など (抜けがあるかもしれません。すいません)

保護者が参加する行事


保護者参観、懇談会、運動会、文化祭など

保護者参観(午前中)と懇談会(午後)は同時開催され、土曜日に設定されているため保護者の出席率が高い傾向にあります。運動会や文化祭は普段の子どもたちの様子が見れるが、子どもと接触する機会はほとんどありません。

模擬試験、英語検定、漢字検定


test

  • 通常の定期テストとは別に、学外の模擬試験を定期的に実施
  • 模擬試験:学力推移調査ーベネッセ、Z会、Z会アドバンスト 科目は:国数英
  • 英語検定は全員受験が義務付けされており、漢字検定に関しては任意受験

学内の定期テストを通じて授業の定着度を確認するのはもちろんですが、学外模試を継続して受験させることで、各自の実力の推移を確認しているようです。

定期テストでは細かな順位はでませんでした。(ただし、一定のレンジの中に生徒が入っているのがわかるリストが配布されるので、だいたいの順位はわかります。)学外模試では学内受験者内での順位や、受験者全体での順位がでますので、そこで自分の立ち位置がわかります。

このように、公立中学との大きな違いは、授業時間数の違いと、各自の学力を学内以外の模試でも確認している点かなと思います。

生活全般


中学の1年間は、我が家の場合、1年間の流れが親子ともどもわからなかったこともあり、本当にあっという間に終わってしまったような気がします。(おそらく、来年はもう少し余裕をもってのぞめるような気がします。)

osaka

あとは公立中学生との違いとして、行動範囲の広さがあげられます。広域から通う生徒群で成り立っている私立中学校。お休みの日に集まって遊ぶ場合、集合場所が梅田や天王寺、難波などの主要な電鉄会社が乗り入れている場所になることが多いです。

そのため、中学生といえど広域で行動させなければ交友関係を築くことに支障がでるかもしれません。

うちの娘の場合は電車の乗り継ぎなどを自分で調べて行動するのが得意なので、最近は私より詳しいことがあります。最初は大丈夫かなと心配したのですが、お付き合いしているお友だちがしっかりしているのと、みな自宅が離れているため、今のところ自然と解散時間が早くなっているようで、大きな問題にはなっていません。

普段のクラブ終わりの時間ほど遅く帰ることはなく、なんとか1年生が終えられたのではないかと思います。

ページトップ