トップ > ブログ > テスト勉強の仕方 > 9年目に突入、第41回早朝特訓1日目

9年目に突入、第41回早朝特訓1日目

丸8年続きました、早朝特訓

自分でも驚いています。いや自画自賛です。スミマセン。

今日から定期テスト前の早朝特訓が始まりました。塾仲間の先生に教えていただいてスタートした朝6時半からの学習会。今回で9年目に入りました。

早朝の学習が効果的な理由

☑夜と違ってアタマがスッキリしている。

☑学校に行く必要があるので終わりの時間が決まっていて集中力が高まる。

☑昨日勉強したことを復習することで記憶の定着をしやすくする。

☑LINEやTwitterが更新されない。

☑アタマがスッキリした状態で学校に行くので、授業に身が入る。

☑疲れていないので夜より集中力が高い。

こんな理由で始めて参加者が途絶えることなく41回目を迎えました。

早朝特訓でしていること

せっかく頭がスッキリして集中力の高い状態なのに、「漢字を何回書きなさいという課題」「副教科の提出物」などをやっていてはもったいないです。(学校の提出物を否定しているわけではありません。)

記憶の定着、分からないことの理解に時間を費やすことが効果的です。

これは学校のワークの間違えた問題を再テストしてもらったものです。初回は58問の間違いだったのが、11問に激減しています。

間違えなかった問題でも忘れてしまうものがあるので、何回か繰り返して満点に近づけていきます。

学校で眠くなりませんか?

確かに早く起きている分、学校で眠くなってしまうかもしれませんね。でも慣れるとそんなこともないようです。

というのも夜、眠るのが早くなるからです。

夜中にスマホから離れられなくなるなら、その時間帯は寝てしまう。そしてSNSなどが更新されない早朝に勉強すれば効果は上がります。

ぜひ、ご自宅でも試してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@もご登録くださいませ。
友だち追加

ページトップ