トップ > ブログ > 大学進学 > 立命館アジア太平洋大学に行ってきた~その1~

立命館アジア太平洋大学に行ってきた~その1~

2018年09月21日

国際的な経験をしたい、させたい

最近、「いつかは留学したい」という生徒、「ぜひ海外に出て視野を広げてほしい」という保護者の声が増えてきました。

ただ、「英語を話せるようになるために長期に渡って留学するのは少しもったいないなぁ」という思いが私の中であります。

そんな思いを解決してくれそうで、非常に気になっていた大学があります。

大分まで行ってきました

それがコチラ。

立命館アジア太平洋大学(通称、立命館APU)

えらい写り悪いなぁ

っていうツッコミが入りそうな写真ですね。

この日はひどい濃霧。車を運転するのが恐いくらいの視界の悪さでした。

何でも、あまりに霧が多発するため高速道路の看板ば濃霧でも見やすくできているとか。

シンボルの建物もこんな感じ、ハリーポッターに出てきそうな雰囲気です。

自分が高校生なら行ってみたい!

「大阪で塾をやっているんですけど、見学させていただけますか?できれば案内もしてもらえたら…」という大阪人丸出しの厚かましさでお願いしてみました。

すると二つ返事で「OK」が出ちゃいました。言ってみるものですね。

当日は現役の学生さんに学内を1時間ほど案内してもらい、その後でアドミッションオフィスの職員の方に1時間以上お話を伺うことができました。

「思っていたよりも面白い!」「上手くいく仕掛けがたくさん!」「自分が高校生なら行ってみたい!」

そう思わせてくれる大学でした。

1回ではとても書き切れないので、数回に分けてレポートをしていきますね。

期待だけ持たせて、すごく中途半端なところですが、今日はこのあたりで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ページトップ