トップ > ブログ > 教室の様子 > 生徒のミスを責めてばかりも…

生徒のミスを責めてばかりも…

ん?あれれ?なんじゃ、こりゃ?

中学2年生のテストを見ていたら何か違和感が。

連日、午前中から模擬テストの結果とにらめっこをしています。

明日から塾の個人面談が始まります。その場で1月に受けてもらった模擬テストの結果をお伝えします。

ただ結果だけ、数字だけをお伝えするには、あまりにもったいない。イヤラシイ話ですが、お金を払って受けているテストですからね。

少し脱線しますが、私たちのように個人塾では、大手塾のような独自の模擬テストはなかなか実施できません。それで業者さんが作ってくれた模擬テストを使わせていただいています。

といっても、10教室以上を展開しているそこそこの規模の塾も参加しているみたいですね。

そんな業者さんの模擬テスト、前回のテストや冬休みに学習した内容をチェックしながら、今回のテストの結果を見ていたときのことです。

とんでもないものを発見

最近の模擬テストはよく出来ていて、各科目で単元別に出来具合を示してくれます。

中学2年生のテストを見ていたら何か違和感が。

「あれ?理科の問題って、こんな内容やったかなぁ?」

「あ、やっぱり・・・」

「テストで出た問題と単元名が違うやん!」

こんなこともあるんですね。

早速、テスト業者さんの担当の方に連絡。すぐに調べてくれて、「他の全学年、全科目をチェックしましたが、中2の理科にだけ間違いがありました」と。

面談までに正しい資料は届くとのことで安心しました。というようなことを書いていたら、差し替えが到着しました。えらいタイミングでビックリしました。

まぁ、私もニュースレターなどの配布資料でたまにやらかしてしまうことがあります。授業やテストで、あんまり生徒のミスを責めてばかりもいられませんね。

最後までお読みいただき感謝しています。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。よろしければLINE@にもご登録くださいませ。
友だち追加

ページトップ