トップ > ブログ > 効果の上がる勉強のやり方 > 夏期講習の効果を最大限にするためのラスト1週間

夏期講習の効果を最大限にするためのラスト1週間

夏休み最後の1週間、あなたの感覚は?

夏休み最後の1週間。夕焼けが少し寂しく感じます。

7月後半。受験生にとっては先が見えないほど長く感じた夏期講習。それもあと数日で終わりますね。

生徒や保護者の皆さんは「やれやれ」といった気持ちでしょうか?それとも、焦りを感じていらっしゃるでしょうか?

ラスト1週間に私たちが思うこと

私たちにとっては両方の気持ちが混じり合った感じ。いや、焦りの方がかなり強いですね。

「あの子は一次関数をもう少し詰めておきたい」「この子は現在完了と比較が弱いから…」

一人一人の生徒のカリキュラムを見ていると、焦りの気持ちの方が強くなってくるんです。

と言っても、時間は限られています。「残された少ない授業時間で、一人ずつどの単元を優先的に追い込んでいくのか」を考えながら、私たちは最後の1週間に臨んでいます。

個別指導塾に通っているなら、ワガママを言ってみよう!

個別指導塾に通っているあなたは、自分でどの単元に不安があるか、ぜひ考えてみてください。何となく苦手に感じる単元でいいですよ。

そして最後の1週間は担当の先生や教室長に「この単元を勉強したいです!」と伝えるといいと思います。

伝えた単元を優先するかどうかは、全体的なバランスを考えて講師の方が決めてくれるでしょう。もしくは、時間的な余裕があれば授業の追加を考えてもいいかもしれませんね。

休みの宿題の追い込みもあるし、総体に向けてクラブもある忙しい1週間。ぜひ、充実した時間をお過ごしくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ページトップ