トップ > ブログ > 夏休み最終週で最も大切なこと

夏休み最終週で最も大切なこと

2019年08月15日

もう終わり?やっと終わり?

お盆休み最終日。明日から夏期講習の再開です。

と言っても金土の2日間は特別講習なので本当の再開は月曜からですが。

そして公立の小学校や中学校では夏休みも残すところ10日。生徒たちは「えー、あとちょっとしかない…」、保護者の方はヤレヤレといった感じでしょうか。

小学生のころは「1か月前に戻りたい。ドラえもんがいてタイムマシンに乗れたらなぁ」なんて毎年のように考えていました。塾で教えるようになっても同じですね。「まだまだ、アレもコレも勉強してもらいたい!」ということが尽きません。

そろそろ・・・

さて、そんな夏休み終盤ですが、そろそろ生活リズムを元に戻しておきたいですね。

午前中にすっきりした頭で学校の授業を受けないと成績も上がるはずがありません。塾に通っていると言っても基本は学校の授業ですからね。

夏休みに生活リズムが変わってしまっているなら、最後の1週間で頑張って元に戻してくださいね。

早寝より早起き

生徒たちに「生活リズムを元に戻すのには、どうしたいい?」と質問してよく返って来るのが、この答えです。

「夜、早く寝るようにする」

そう答えるでしょうね。「早く起きる」なんて、ほとんどの子どもたちは言いたくないでしょうから。

でも、早起きの方が効果的だと私は思います。眠くもないのに布団に入っても寝付けないと思います。それなら少し睡眠時間が短くなっても強制的に早起きをするほうがいいのではないでしょうか。そして昼寝をしないことでしょうね。

早く起きて昼寝をしなければ、夜は自然と眠くなります。あ、でもスマホやタブレットをいじっていると眠くなりませんから注意してくださいね。

朝起きるのは保護者の方と同じ時間帯に合わせるといいかもしれませんね。

とは言え、思春期真っ最中の中学生だと、なかなか注意しても言うことを聞かないかもしれません。が、書いておきます。上手く乗ってくれないかもしれませんが、チャレンジしてみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@もご登録くださいませ。
友だち追加

ページトップ