トップ > ブログ > テスト勉強の仕方 > 勉強をしていて眠くなったしまったときは

勉強をしていて眠くなったしまったときは

ネコになりたい

冬期講習3日目。

未来アカデミーでは講習の授業時間のほかにも自習をしている子たちがたくさん。

でも、お昼過ぎなど眠くなってしまいがちです。

好きなときに眠っていられるネコになってしまいたい。そんな気持ち、よく分かります。

眠くなるのは仕方ないですからね。でも、眠気に負けずに頑張りたいときもあります。

そこで今日は、塾で勉強していて眠くなったときに、生徒たちにしてもらっていることをご紹介します。

立って勉強する

イスに座って、机に向かっていなくても意外と勉強できます。

ちょうどいい高さの棚などがなければ、部屋の中をグルグル歩き回りながら勉強してみてください。英単語や漢字の読みなど暗記のチェックをしたり、英語の音読や国語の読解などもできますね。

カラダを動かす

ストレッチをする、外に出てみる、階段を昇り降りする。こんな感じで体を動かしてみてください。スッキリすることが多いですよ。

また歯磨きをしても目が覚めますよ。

睡魔と闘わない

眠気を覚ますことはできますが、いろいろなことを試しても眠いときはあります。そんなときは睡魔と闘わず、思い切って寝てしまうのが効果的です。

でもベッドに入ってしまうと、出てくるのが非常にしんどくなってしまいがち。

だから机に座ったまま10~15分ほど仮眠するのがおススメです。できれば誰かに起こしてもらうのがいいですね。

起きたあとは外に出るなど、少し体を動かしてみてくださいね。

また仮眠の前にコーヒー、紅茶などを飲んでカフェインを摂るのも効果的だそうです。カフェインは摂取してから効果がが出るまで時間がかかるから、仮眠前にコーヒーなどを飲むのがいいようですね。

あ、でも夜にカフェインを摂るときは注意してくださいね。夜遅くまで眠れなくなってしまう危険性もありますので。

眠気に負けずに入試まで、悔いなく過ごせるといいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@もご登録くださいませ。
友だち追加

ページトップ