トップ > ブログ > 作文・読書感想文 > 公立高校を希望する中3生はそろそろ作文対策を

公立高校を希望する中3生はそろそろ作文対策を

公立受験を決断したら

中学校では2学期の個人懇談の真っ最中ですね。

私立高校の受験校を決める最終段階。そして公立高校を受けるのかどうかも確定しますね。

公立高校を受験することに決めた「あなた」は、まだ手を付けていないなら作文対策をそろそろ始めてくださいね。

大阪府の公立高校入試、国語の出題パターンは

公立高校の入試問題、国語の出題内容を見てましょう。A,B,C問題の3パターンに分かれてからは、大問の構成は毎年同じです。

・読解問題二題
・古文一題
・漢字
・三百字の作文

問題の順序や作文の内容には変化がありますが、問題構成は変わっていません。

このパターンの問題を制限時間50分で解きます。

作文に使える時間はたった10分!

逆算すると、現代文15分×2+古文と漢字で10分だと残りは10分です。現代文を3分削ったら、16分残ります。

目安として10分~15分で三百字の作文を仕上げる必要があります。A,B,C問題によって作文も難易度が大きく違いますが、使える時間はほぼ同じです。

三百字の作文を10分台前半で書こうとすると、もう練習するしかありません。

でも練習すると必ずスピードは上がります。

例年、始めて書いてもらうと30分以上かかる生徒が何人もいます。それが2月には、ほとんどの生徒が10分台で書けるようになります。

ぜひ、この冬休みには作文の練習時間を確保してくださいね。

高校入試での作文関連の記事を何本か書いています。よければ、コチラも参考になさってくださいね。

高校入試での作文攻略法

「どう書き始めたらいいのか分からない」を解決するには~高校入試での作文攻略法~

「文字が埋まらない」~高校入試での作文攻略法~

無意識にこんな表現を使っていませんか~高校入試での作文攻略法~

作文を上達させるには〇〇のチカラが必要です

最後までお読みいただきありがとうございました。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@もご登録くださいませ。
友だち追加

ページトップ