トップ > ブログ > テスト勉強の仕方 > テスト前なのについ…という人は意思ではなく約束のチカラで

テスト前なのについ…という人は意思ではなく約束のチカラで

テスト前の日曜、こんな感じではありませんか?

「中間テストの前だし、勉強しよう!」

金曜の夜には、そう思っていたのに、10時ごろ起きてきて気がつけばお昼。スマホでLINEとTwitter、動画をチェックしていたら、いつの間にか夕方に…

夜になって、慌てて提出物に取り掛かる…

中間テスト前の日曜日や祝日、こんなことになってしまいませんでしたか?

勉強する場所を変える

ドキっとした方は勉強する場所を変えてみましょう。

家から出て図書館やカフェに行く。この辺りだと堺駅や堺東駅には有料の自習室もありますよ。

誰かと勉強する

キチンとけじめをつけて勉強できるのなら、友達の家というのもアリですね。

できればリビングなど友達のお家の方など誰かの目のある空間で勉強するのがいいですよ。ついつい話し込んでしまって…とならないために。

自分の意志を過信せず無料の自習室で

今週は殿馬場中学校、月州中学校、大浜中学校では中学3年生の進路懇談が行われています。

ということで中学3年生たちは、午後からフリーに。

で、トップは1時20分に教室着!

3年生たちには「できるだけ教室に来るように」「できれば教室に来る時間を決めるように」と伝えています。

受験生とは言っても、「今日はちょっと…」という日もあります。意思のチカラは、思っているほど強くありません。

だから「懇談がある日は2時に来る」といったように自分で決めて、できるだけ私に宣言してもらっています。約束よりは義務感なく、何も決めないよりかはフラフラせず。

ぜひ学校にいる以外の時間は、「場所を上手く使う工夫」をしてみてくださいね。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

 

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@にも、ご登録くださいね。
友だち追加

 

ページトップ