トップ > ブログ > 受験勉強 > 『受験生が絶対使ってはいけない100の言葉』

『受験生が絶対使ってはいけない100の言葉』

ついつい出てしまうネガティブワード

「時間がない」「やる気が出ないな~」「音楽を聴きながらのほうが勉強できる」「あの先生、わかりにくい」「もっと勉強しておけばよかった」「なぜ勉強するんですか」「苦手」「センスがない」

受験生じゃなくても、ついつい口に出したり、頭に浮かんでしまう言葉。

でも言霊というように、いつも口にしていることって現実化してしまうんですよね。

『受験生が絶対使ってはいけない100の言葉』

そんなNGワードを集めた本をご紹介します。

『受験生が絶対使ってはいけない100の言葉』(中経出版)

なぜ、その言葉を使うのがダメなのか?

では、どうすればいいのか?

そんなことを100のNGワードについて解説している本です。

思い当たる項目につていてだけ読んでみてもいいと思いますよ。

結果を変えるには、行動を変えることです。
行動を変えるには、考え方を変えることです。
考え方を変えるには、言葉を変えることです。

言葉を変えるだけで、勉強した分だけ成績が上がるようになります。そして合格に近づくことができます。
(p6~7)

Amazonでは中古しか販売されていないようです。絶版になってしまったのかな?

教室には1冊置いてありますので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ページトップ