トップ > ブログ > 読書 > 「いま君に伝えたいお金の話」

「いま君に伝えたいお金の話」

「いま君につたえたいお金の話」

久しぶりにおすすめ本のご紹介を。新聞の書評などでも話題になっていますね。

「いま君に伝えたいお金の話」村上世影氏 著

なかなか自分のお子さんにお金のことをキチンと教えるのって難しいかもしれません。

お小遣いを渡して、その範囲でやりくりをさせるというのが代表的かもしれませんね。

本書は中学生でも十分に読めるし、理解できる内容です。家族でいっしょに読んで、「家計の状態」「塾代や進学にかかるお金」「なんでお金をかけて勉強しているのか」など話し合いをするキッカケとなりそうですよ。

中学生や高校生のうちから本書に書いていることを知っていると、自分の可能性について前向きになれるかもしれませんね。

著者、村上世影氏

あの「村上ファンド」の村上世影氏が著者です。数年前に敵対的買収や阪神電鉄の買収、「阪神タイガースを上場させる」といった発言などで、などかなり話題になっていました。

当時はかなり強面のイメージがありました。そんなイメージとはかけ離れた筆致です。(まぁ、そのあたりは何とでもなるのかもしれませんけどw)

こんなことが書かれています

「お金の魔力、お金に支配されないためには?」

「お金を手に入れる方法として、仕事とどう向き合うのか?どんな仕事に就くのか?」

「お金を殖やすための「期待値」という考え方」

「お金が凶器に変わるとき、借金について」

「とっておきのお金の使い方」

教室にも置いておきますので、気になった方は手に取ってパラパラとページをめくってみてくださいね。

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

 

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@にも、ご登録くださいね。
友だち追加

 

 

ページトップ