トップ > ブログ > 受験勉強 > 来年の受験生にこんな症状があれば早急な対応を

来年の受験生にこんな症状があれば早急な対応を

突然の変調

あれ?鼻風邪かな?

いつも風邪をひくとは喉の痛みから始まります。それが、この時は違いました。まさか数年間も続く苦しみの始まりとも知らずに・・・

普通なら1週間くらいで治るのに、2週間、3週間経っても治りません。

ふとイヤな予感がよぎります。

花粉症、私の場合

って物語風に大袈裟な書き方をしてしまいました。実は花粉症のお話なんです。

花粉症でない方には「何や、大袈裟な!」と思われるかもしれません。でも、大袈裟でも何でもなく、それはもうかなりの苦しみなんです。

私の症状は重度の鼻づまり。1ミリも鼻から空気が入らなくなります。鼻で呼吸できないので口はカラカラ。喉は痛い。風邪を引きやすい。アタマはボーっとして集中できません。

市販の点鼻薬も2時間ほどしか効果が続かないという・・・

”次の受験生”が発症したら

今まで花粉症でなかったとしても、突然そんな症状に見舞われます。これが受験生だったらどうでしょう!

鼻がグズグズ、目がかゆい。目から耳までかゆくなることもあり、熱が出てしまうことも。そんな状態で集中して勉強できるはずはありません。

屋外で活動する運動部の生徒で我慢しながら練習に参加し続ける姿も見てきました。もう拷問です。(と言いながら、私もランニングに出かけますが…)

私の場合、病院で処方された飲み薬では、ほとんど効果がありませんでした。それで毎年のように治療を変えます。そして3年ほど前に相性の良い点鼻薬に巡り合えました。その薬を使うとウソのように症状が出ません。

あの苦しみの中で受験勉強を続けるなんて・・・。まして入試本番を迎えるなんて考えたくもありません。

中には少し早い目に始めないと効果が期待できない治療もあります。急に鼻や目やノドに症状が出たらガマンせずに、できるだけ早く病院に行ってくださいね。

特に5年生、中学2年生、高校2年生といった”来年の受験生”は。

最後までお読みいただきありがとうございます。

勉強や入試に役立つ情報をお送りします。ぜひLINE@もご登録くださいませ。
友だち追加

ページトップ