トップ > ブログ > 効果の上がる勉強のやり方 > 中学3年生の前向きな姿勢をより効果的にするために

中学3年生の前向きな姿勢をより効果的にするために

夏休み最重要週間を控えて

今日、明日で中学3年生の行動の質を上げてもらうべく奮闘中です。

中学3年生にとって夏休みで最も大切な1週間

この記事でお伝えしたように、塾がお盆休みの来週は受験生にとって非常に大切な時間となります。


最優先は?

少し見づらいかもしれませんが、来週の行動計画を今日までに提出してもらいました。

これを見ていると、夏休みの宿題の進捗がよく見えますね(笑)ここは内申点にも関わる部分なので、最優先で取り組んでもらいます。

中学3年生だけですが、お盆休み明けには全ての科目の宿題が完成しているかチェックしますよ。

前向きな姿勢をより効果的にするために

さて、その計画表を見ながら夏期講習の指導の合間をぬうように、生徒達と面談をしています。作ってもらった計画についてのアドバイスや修正をするためです。

たとえば、こんなことを書いていた場合。「浮力や圧力、反射の問題をスラスラ解けるようにする」「歴史の復習をする」

苦手単元にチャレンジする素晴らしい姿勢が見て取れますね。そんな前向きな姿勢だからこそ、せっかくやるなら結果を出してほしいと思います。心をオニにこんな感じでしてダメ出しを。

「復習するっていうのは具体的にどんなことをするの?」

「スラスラできる」っていうのはどんな状態?

そのために、何を使って勉強するの?

何回するの?

休み明けに、その問題集から何問か出題してチェックしようか?

具体的かつ検証可能でなければ計画とは言えません。(自戒を込めて…汗)

そのあたりを少し修正してもらって完成です。

休み明けにスッキリとした表情で教室に来てくれることを期待しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

ページトップ