TOPスタッフ日記効果的な休憩のとり方は…? 〜前編〜

2017年01月27日 金曜日 効果的な休憩のとり方は…? 〜前編〜     ( スタッフ日記 )

机に向かってガツガツ勉強しているときって

肩が凝ったり、目がショボショボしたりしませんか。


整骨院の先生にあきれられるくらい体の硬い私、

受験生の頃は背中や肩が痛くて仕方がなかったのを

思い出します。


ということで今回は勉強の合間の

気分転換、休憩についてです。


休憩ということは、当然、勉強時間の間にとりますよね。

だから、まずは勉強時間を決めます


集中力がどれくらい続くのかという問題もありますが、

おススメは50分です。

それは入試や模擬テストの制限時間で

一番多いのが50分だから。


できれば腹時計のように、

今15分くらいかな

そろそろ、あと10分

と感覚的に経過時間が分かるといいですね。


img1


休憩時間は5分〜、長くても15分くらいでしょう。

大切なのは休憩も時間を決めること。

タイマーなどをセットして必ず勉強に戻るようにしてくださいね。


では休憩時間に何をするのがいいでしょうか。

ここは、まず休憩の目的を考えましょう。


休憩をしたあと、どうなっていたいでしょうか?


休憩後も勉強を続けるから休憩をしますよね。

ということは疲れて途切れがちになってきた

集中力を取り戻すために休憩をとるはずです。


だから休憩時間にすることはリラックスできる内容

がいいですね。


う〜ん、かなり長くなりそうな…

ということで、休憩時間に何をするのかについては

次の記事でまとめたいと思います。


休憩に適した内容だけでなく、

してはいけないことについてもまとめる予定です。


どんな内容が当てはまるか、

よければ考えてみてくださいね。



効果的な勉強法をたくさん書いています。



効果的な勉強のやり方

福島 敦央

担 当

教 科

自己紹介

「千里の道も一歩から」何事もまずはスタートしなければ はじまりません。勉強でわからないこと、つまずくことは 誰にでもあります。一人で悩まず未来アカデミーの扉をた たいてください。時には厳しい言葉もかけながら、一緒に 成長できるよう全力でサポートしていきます!

 

 

未来アカデミー

電 話

072-232-0567

受付時間

10:00〜22:00

定休日・備考

日曜日

住 所

〒590-0953

大阪府堺市堺区甲斐町東2-1-6

交 通

阪堺電気軌道阪堺線宿院駅 徒歩3分

ページトップへ